札幌市南区藤野3条6丁目319-1 コープさっぽろ藤野店2階
TEL.011-593-8211 休診日 水曜日・祝日

歯を残すための治療

HOME > 歯を残すための治療 : 金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯

顎の骨の吸収を防ぐ入れ歯なので、
残っている歯の負担を軽くする金属床義歯。

従来のプラスチックでできている入れ歯だと噛んでいくうちに次第に変形していきます。変形してしまうと顎の骨に負担がかかってしまうため、残っている他の歯にも影響を与えかねません。丈夫で顎の骨への負担を軽減する金属床義歯を選択することで、残っている歯を守ることにつながっていきます。入れ歯がより安定し、違和感も少なく快適になります。

金属床義歯の例

CASE01

金属床義歯

金属床義歯は強度に優れる、薄い、装着感が良い、などの利点があります。人工歯も陶材を使っており審美的です。

  • 保険の義歯
    保険の義歯
  • 金属床義歯
    金属床義歯

CASE02

金属床部分義歯

部分床義歯の例。金属床で歯を支えながら、しっかりと入れ歯で力を負担することができます。

  • 保険の部分義歯
    保険の部分義歯
  • 金属床部分義歯
    金属床部分義歯

さらにインプラントやアタッチメントを使うと義歯を小さく出来たり、ばねが見えないようにできます。

  • アタッチメントをつけた写真
  • ばねが見えないようにもできます。

プラスチックの入れ歯との違い

  • POINT01

    プラスチックの入れ歯より、食べ物の温度が瞬時に伝わり、よりおいしくお食事をたのしむことができます。

  • POINT02

    プラスチックの入れ歯より、歪んだり顎の骨に余分な力がかからないので、残っている歯への負担を減らすことができます。

  • POINT03

    プラスチックの入れ歯よりも薄い入れ歯となります。違和感も少なくより自然な着け心地になります。