札幌市南区藤野3条6丁目319-1 コープさっぽろ藤野店2階
TEL.011-593-8211 休診日 水曜日・祝日

業績目録

HOME > 業績目録:論文

論文

  • Wada Y, Fujisawa R and Kuboki Y.: A simple method to survey proteins which affect in vitro mineralization; Jpn. J. Oral. Biol, 35:439-442, 1993.(英文、歯科基礎医学会雑誌)
  • Wada Y, Fujisawa R, Nodasaka Y and Kuboki Y.: Electrophoretic gels of dentin matrix proteins as diffusion media for in vitro mineralization; J. Dent. Res; 75(6): 1381-1387, 1996.
  • Wada Y, Fujisawa R and Kuboki Y.: Changes of the rat dentin matrix proteins affected by long-term administration of Hydroxyethylidene-1, 1-bisphosphonate (HEBP); Jpn. J Oral. Biol, 45:428-436, 2003. (英文、歯科基礎医学会雑誌)
  • Wada Y, Ishibashi C, Matsuzaki H and Matsuzawa K.: A case that used diode laser for peri-implantitis; Proceedings of 5th World Congress for oral implantology, Tokyo.2001, 430-431
  • Fujisawa R, Wada Y, Nodasaka Y. and Kuboki Y.: Acidic amino acid-rich sequences as binding site of osteonectin to hydroxyapatite crystal. Biophys. Biochim. Acta. 1292:53-60, 1995.
  • Ishibashi C, Ishii Y, WadaY, Sekiguchi T and Yoshimura H.: A case of vertical augmentation with iliac bone block. Proceedings of 5th World Congress for oral implantology, Tokyo.2001, 400-401
  • 中出修、斉藤正人、蔵口潤、和田義行、後藤邦彦、星佳恵、神田昌巳、松沢耕介、賀来亨、 意図的歯牙再植術を行った大きなのう胞性病変の2症例、日本口腔インプラント学会誌、第7巻、第1号、19-25.
  • Wada Y, Nanbu S, Yamamoto H, Mizuno M and Matsuzawa K: Different cell situations influenced osteoblastic responses to calcium phosphate particles. J. Jpn. Soc. Oral Implant. 18(3): 394-405, 2005. (英文、日本口腔インプラント学会誌)
  • 和田義行 インプラント義歯に磁性アタッチメントを用いた3症例の検討A clinical study of the cases that used magnetic attachment for implant overdenture.日本顎咬合学会誌 第28巻、第1・2合併号、64-71,2008.
  • 山本英一、藤沢隆一、和田義行、田村正人 インプラント治療における早期骨吸収と歯肉のIL-1β及びIL-6mRNAの発現に関する研究
    北海道歯学会雑誌 27:78-85、2006.
  • Wada Y, Yamamoto H, Nanbu S, Mizuno M and Tamura M. The suppressive effect of enamel matrix derivative on osteoblastic differentiation is neutralized by an antibody against TGF-β. J Periodontol. 2008; 79:341-347.
  • Wada Y, Mizuno M, Tamura M. Enamel matrix derivative neutralized the effect of lipopolysaccharide on osteoprotegerin and receptor activator of nuclear factor kappa B ligand expression of osteoblasts. Arch Oral Biol. 2009; 54;306-312.
  • 和田義行、吉村治範、三上格 インプラントを用いて咬合再構成したすれ違い咬合の1例-ナローインプラントと骨モデルを用いた手術侵襲の軽減―、Application of narrow diameter implant and 3 dimensional bone model to full mouth reconstruction of no opposing tooth occlusion case for less invasive treatment.  日本顎咬合学会誌 第29巻、第1・2合併号、51-58,2009.4月
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、関口隆、三上格、インプラントと皮質骨ブロック移植症例の長期経過観察、Long-term observation of a cortical bone block graft case for implant treatment. 日本顎咬合学会誌 第30巻、第1・2合併号、34-41,2010.4月
  • 和田義行、吉村治範、三上格、垂水良悦、和泉健、インプラントとジルコニアオールセラミクスを用いた咬合再構成の検討、Application of implants and all-ceramic restoration for occlusal reconstruction. 日本顎咬合学会誌、第30巻、第1・2合併号、26-33,2010.4月
  • 吉村治範、吉村裕美子、三上格、和田義行、Computer Assisted Surgeryの現状、道歯会誌、第56号、95-97,2010
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、石田昇平、伊藤文敏、田嶋雄大、辻司、松沢耕介、インプラント埋入予定抜歯窩部に初発した悪性リンパ腫の1例ーインプラント治療における病理組織診断の重要性―、日本口腔検査学会雑誌、第2巻、第1号:82-85,2010.
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、三上格、関口隆、ダウン症候群患者の上顎前歯部にインプラント治療を行った1症例、日本口腔インプラント学会誌、2011.
  • 黒江敏史、三上格、上浦庸司、吉谷正純、吉村治範、和田義行 SAC分類を活用したインプラント治療計画の立案 クインテッセンスデンタルインプラントロジー Vol 18.No5,2011.
  • 南部聡、山本英一、和田義行、磯村治男 インプラント周囲早期骨変化量へ影響する初期固定、骨代謝関連生化学検査、喫煙習慣、粘膜治癒の比較 北海道歯科医師会誌 第66号・2011年2月1日発行7-69頁掲載
  • Wada Y, Mizuno M, Nodasaka Y, Tamura M. The effect of enamel matrix derivative on spreading, proliferation and differentiation of osteoblasts cultured on zirconia. Int J Oral Maxilloac Implants. 27: 849-858,2012.
  • 石橋知代子、和田義行、神田昌巳、上林毅、新村昌弘、吉村治範 インプラントを用いた包括的歯科治療の1症例―多様な骨造成術による補綴主導型インプラント ー 日本顎咬合学会誌 第33巻3号202-212,2013
  • 南部 聡、山本 英一、和田 義行、磯村 治男、神田 昌巳、松崎 紘一、田村 正人、小川 優、松沢 耕介 血清Ca、血清Mgと顎骨CT値の関係 日本口腔検査学会雑誌 1(1), 28-30, 2009
  • 山本 英一、和田 義行、上林 毅、吉谷 正純、柴多 浩一、林 理、吉川 修平、松﨑 紘一、藤沢 隆一、田村 正人 ハイドロキシアパタイトを使用した上顎洞底挙上術:コーンビームCTによる形態変化 日本口腔検査学会雑誌 7(1), 47-55, 2015
  • 山本 英一、南部 聡、松﨑 紘一、上林 毅、和田 義行、藤沢 隆一、田村 正人 ラテラルウインドウテクニックとオステオトームテクニックを用いた二期的上顎洞底挙上術の一症例:コーンビームCTでの評価を加えて 北海道歯学雑誌、35(2): 164-172. 2015-03
  • Wada Y, Yoshimura H, Mikami I, Matsuzawa K, Mizuno M Implant Site Development by Horizontal Tooth Movement to an Esthetic Area: A Case Report. Int J Periodontics Restorative Dent. 2015 Sep-Oct;35(5):697-705